2008年12月17日

再開タキソール2クール目の3回目と「ハッピー・フライト」

 今日は再開タキソール2クール目の3回目でした。

 雨降りで寒いのかなと思ったけどそんなでもなく、傘も出番がありませんでした。

 病院へ向かう電車の中で、お腹が突然Pと来ました。幸い目的駅までそう遠くない場所まできていたので良かったけれど、危ないところでした。駅について人を掻き分けホームを走り、お手洗いに飛び込みギリギリセーフ…。いつもは気が張っているのか、電車の中でお手洗いに行きたくなることってあんまりないんですけど。

 今日は一日そんな感じ。あれ?って思ったら即お手洗いに走らないとダメなんです。出ない苦しさと恐ろしさを感じている今日この頃なので、ビシバシ出るここ数日は安心ではあるのですが、不便でもあります…。

 今日もいつもどおりタキソールの注射(点滴)を受けてきました。年末入院しなくて済むことになりました。30日一日だけケモ室開けるんですって。だからこの日にケモ予定の人朝9時半に集合です。前の病院と違っていつも閑散とした(2,3人しか患者さんいないんだもん)化学療法室、この日はにぎやかなのかな?

 いつものナースさんがお変わりありませんか?と訊くので、土曜の腹痛の話をし、足の不快感(しびれ?)の話をし、相変わらず髪が抜けない話をしました。ナースさんは「ちゃんとタキソール入ってますよ」といい、私は足の不快感が戻ってきたからタキソール入ってるって分かります、と言って一緒に笑いました。

 髪のことですがどなたかに尋ねてくれたらしく、休薬の時期が長かったから発毛のサイクルに合ったんだろう。恐らくまた抜けるので期待しないように、とのことでした。でも私タキソール再開して1ヶ月以上経つんだけどな〜。

 でね、他に男性患者さんで、ウィッグメーカーの育毛のケアを受けている人がいて、その人も髪が生えてきたんですって。だから今タキソールやっていて髪が生えてきた人2人だそうです^^。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 病院の帰りにネットカフェで休憩、マッサージチェアを存分に楽しんで、そのあとレディスデイなので映画に行きました。

 丁度時間が良かったのが「ハッピー・フライト」。今は気楽に見られるハッピーエンドの映画しか見たくないし。

 思ったよりあっさりと作られていて、ラストもあっさり味。あれこれで終わりか。ってちょっと思いました。でもそれがいいのかな。

 みんなそれぞれの場所でがんばっていて、がんばる人が報われる結果になるので見ていて気持いいです。必見!オススメ!とまでは言いませんが、時間があればどうぞ。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 明日は栄養の点滴7回目です。
posted by よぎょ at 23:54| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

栄養点滴6回目に行きました。

  すっかり体調はよくなり、外は快晴!6回目の栄養の点滴に行って来ました。
  
  まず外科の受付へ受診票を提出して待ち合いに座っていると、誰かが私の前に立ち、声をかけてきました。顔を上げると、ここでの担当医でした。「おかわりありませんか?」。とっさのことで、先日の腹痛のことは頭に浮かばず、思わず「ハイありがとうございます」と笑顔で答えてしまいました。

  このDr、最初にこの病院に栄養の点滴のお願いに来たとき、受け入れたくない気満々で、「他院で治療受けてる患者の受け入れはしません」「急変して救急車で乗り付けられても対処出来ません」「栄養の点滴も週3回以上必要なら今かかっている病院に入院して下さい」と言ったDrで、病院の方針とは言えもう少し言い方があるよな〜ってがっかりした、そういうDrなのです。でも今日は忙しかろう外来の合間に出てきて声をかけてくれ、私はとても嬉しい気持ちになりました。患者なんてちょろいもんで、ほんのこれだけのことですごく喜ぶんですよね。

  今日のお供は森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」。独特の文体とノリについていくのに苦労しましたが、第2章辺りから面白くなって来ました。

  今日は針刺したところが痛いなあと思ったけどしばらくしたら治まったので気づかなかったのですが、点滴開始1時間ちょいのところでふと右腕を見ると、ありゃ〜腕が変形してる?えらい腫れてるやないの。ナースコールしたら、まあパンパンですね、痛いでしょう?と言われましたが、鈍く痛むだけでそうでもないんですよね。点滴がもれるとあんな風になるんですね〜@@。

 反対側の腕に刺しなおし、無事今日の点滴を終えました。

。・。・。・。・。・。・。・。・

 どんな場合に救急車を要請するかってことですが…。

 分からなかったのでネットで検索してみました。やはり、自力で歩ける場合はタクシーか自家用車、が基本みたいですね。消防庁では☆症状は軽微だが、「交通手段がない」、「どこの病院に行けばよいか不明」といった場合は、民間の患者等搬送事業者*や病院情報提供サービス*等を活用してください。☆となっています。症状が軽微ってのが微妙ですが。

 病院情報提供サービスってのはなんなんですかね。具体的にどこに電話したらいいんですかね?119番に電話したら教えてくれるのかなあって思っていましたが。

 で、その病院情報提供サービスに電話して近隣の救急対応できる医療機関を教えてもらって、そこにタクシーで行くのがいいのかなって思っています。

 でもタクシー会社も1社しかなくて…。父が危篤になって夜中に病院から呼び出されたとき、タクシーが出払っていて困ったんですよ。仕方なく何度も何度も電話して「もう車帰って来ましたか?」って問い合わせてやっと1台つかまったんですよね…。

 病人って、自分の身体のこと、治療のことだけ考えていればいいのだといいのだけど…。他に考えなきゃならないこと、やらなきゃならないことが多すぎる〜です。
posted by よぎょ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

落ち着きました。

 ご心配おかけしました。おかげさまでなんとか落ち着きました。

 思い当たることといえば一昨日の夜食べ過ぎました。その後なんかお腹がヘンだなあとは思いましたが…。

 翌朝やっぱりお腹がすっきりしないので、朝ごはんは食べませんでした。で昼過ぎ、やっぱりなんか食べなきゃと思って少し食べました。それがイカンかったのかなあ。

 だんだんお腹が痛み出し、ベッドでうなっていました。これは先日と同じ、イレウスなりかけなんだろうか。吐き気はない(でも吐き気があるかな?と意識すると胸がムカムカしてきます)。便通は…ちょっとだけある。お腹が固いかどうか…若干固い?

 夜に入っていっそう痛みが強くなってしまいました。先日のようにそのうちお通じがあるんじゃないかと我慢していたんですが。

 こういうときはどうしたらいいのか。この日は土曜日、いずれにせよもう夜になっていて時間外。主治医のいる病院は、救急対応のできる病院だけど、どうしたらいいのかな。電話で約束を取り付けるのかな?でもそこまで電車を乗り継いで1時間あまり。果たして行けるか?

 栄養の点滴を受けている病院は、「ここで治療はお願いしない」「急変しても救急車で乗り付けたりしない」事を条件に点滴だけしてもらっているので、頼れません。

 翌朝まで我慢して、近所の土日もやっている中規模病院に行くか。ここは乳がんも胃がんもみつけてもらった病院だから(治療は別の病院で受けたけど)、カルテはあるはずだし…。でも翌朝まで我慢できるか?

 救急車…呼ぶほどか?タクシー代わりに使ったらあかんねんで。でもタクシーだといくらかかるん?1時間タクシーで走ったらだいたいいくらかかるものなんでしょう?そんなん言ってる場合じゃないのかもしれないけどさ…。

 とにかく主治医のいる病院に電話することに決めたけれど、ベッドから出たくないし、電話する気にならないし、うだうだしていたらお腹が…。お手洗いに走ったら、お通じありました。

 それで幾分楽になり、横になってちょっと眠ったらかなり軽快していました。前の時みたいにビシバシまとまったお通じがあったわけじゃないんですが。

 で、何度も目が覚め、ヘンな夢も見て寝苦しい夜でしたが、起きてみたら痛みは引いていました。それでもパワーが出なくて起きられず、今日はずーっと横になっていましたが、昼過ぎに、おかゆとお豆腐、そして美味しい紀州の梅干を食べたら少し力が出て来ました。

 ずーっと好調だったのに突然こういうことなります。腸の狭窄はゆるんでいないのね。怖いなあ…。これからもずっとこんなんかなあ。気をつけなくちゃ。
posted by よぎょ at 18:39| 大阪 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

お腹が痛い…。

 夕べからちょっとお腹がへんかな?って思っていたら、今日昼過ぎになってお腹が痛いです。

 またイレウスなりかけかな?便通は少しだけあるんですが。すごく痛いです。明日は日曜だしどうしようかな…。明日病院に電話してみようか…通じるかなあ?それか近所の日曜も診察している中規模病院に飛び込んでみようか…。

 今夜は絶食します。水も飲まない方がいいのかな?絶飲食が基本だもんね…。なんとか治まってほしいよ!!!
posted by よぎょ at 20:40| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

タキソール2クール目の2回目&「ジョージアの日記」を見ました。

 今日はタキソール2クール目2回目の日でした。

 再診受付機に「受付出来ません」と言われてしまいました。予約票をよくみたら、日付が来週の水曜日になってるやないかーい。はっはっは…。もちろん病院の間違いで、無事点滴受けてきました。

 で、先週、3クール目の1回目が大晦日に当たり外来が休みなので、飛ばしたくないなら2泊3日の入院対応になると言われ、それならその週は飛ばしますと答えました。でもその前週も休薬だし、2週続けて薬を休むのは、今は気持ち悪い。そう思ったので、お正月にかからないように1日前に持って来て、29日午前中入院30日点滴、31日午前中退院で調整してもらうことになりました。病院の都合もあるから、来週決定予定です。

  私が生食とぶどう糖しか点滴してないんちゃうかと心配していたことはナースさん間でちょっと話題になってたらしくて(面白かったらしい^^)、大丈夫ですよ、間違いないですよ、って言われました。まあそうですよね。ナースさんと一緒に大笑いになりました。薬をやめてた間に生えてきた髪が抜けないで伸びて来たから、タキソール入ってないんちゃうかと心配になってって笑ってたら、髪のことちょっと調べてみるって言ってくれました。

   前の病院では毎回薬の表と説明があったんですよと話すと、説明毎回あったほうがいいですか?って。そう言われたらどうかなあ。毎回だったから、ハイハイってまともに聞いてなかったし。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

   病院帰りに映画のはしごをしてきました。どうしても見たい映画があったので。どちらもミニシアターです。   

  まずは「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」。

  こちらの主人公は14歳の女の子。背伸びしたいお年頃。頭の古いパパに化粧を咎められ、「そのままで十分綺麗なのに。14歳を楽しみなさい」と言われ、「なにそれ意味わかんない!」ジョージアそれは大人になったらよくわかるよ!と思わず心の中で突っ込みました。

  そのジョージアが恋した男の子をあの手この手で振り向かせようと頑張る話です。一生懸命で可愛いけどバカなまねもたくさんして、周囲を傷つけ、自分が一番傷ついてしまいます。私が14歳の時ってどんなだったかなあ。

  ラストちょっと出来すぎかもだけど、ハッピーで愛らしい映画でした。ただ、大画面で見るべき映画でもないので、DVDレンタルでもいいかな?わたし的にはお勧めです。

  それから、主人公はキスの名人の男の子にキスの練習をしてもらうのですが、この男の子が、昔懐かしい私のアイドル、ショーン・キャシディに似てると思うの。変な男の子だったけど個人的にツボでした^^。

  今日はあと一つ、凄くいい映画を見たのだけど、また後日にします。明日は栄養の点滴です。
posted by よぎょ at 23:58| 大阪 | Comment(20) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

栄養の点滴3回目に行って来ました。

 今日は近所の病院に栄養の点滴を受けに行って来ました。

 今日は暖かかったですが、歩いて15分程度の道のり、お天気の悪い日やこれから寒くなったらちょっとつらいな〜。

 で、今日のお供は小路幸也「スタンド・バイ・ミー」。先日の宮部みゆきの「楽園」ほどじゃないけどちょっと重い(内容じゃなくて重量)かな?

 今日のお隣のベッドの方は年配の男性みたい。ナースさんといろいろ雑談しています。内容が面白かったので、読書をとめて聞いていました。

 おせち料理のごまめの作り方とか、ナースさんは電子レンジでつくるんだとか。お雑煮は白味噌だとかすましだとか、お餅はおばあちゃんが石油ストーブで焼いて入れるだとか。

 でね、その男性患者の話では、お雑煮は男性が作るものなんですって。女性は大晦日ずっとおせち料理を作るでしょ。でお正月は炊事も洗濯も何もしない。その間は男性がお雑煮を作るんですって。

 ナースさんは、お正月も洗濯しますよ〜って言ったら、それはダメなんですって。そうするとその年一年中バタバタ炊事洗濯に追われることになるんですって。だからお正月の間の家事は男性に任せましょうね!

 点滴用のベッドで寝ていただけなのに妙に疲れて、帰宅後ダウン。休薬週の次のクールの1回目は、久々にタキソールが入ったからか、いつもに増してだるーいですね。痛みがあるよりずっとずっとマシだけれど。

 痛みがあるとただその痛みを取って欲しいってそれだけなんだけど、だるいだけだと「元気になりたいなー」なんてちょっと贅沢(?)な願いがぼんやり頭を通り過ぎます。ま、横になっていれば大丈夫。

 明日は弟に車でどこか紅葉狩りに連れて行ってもらう予定でしたが、お天気悪いし、もう紅葉も終わりだし、先日の嵐山で気が済んだので、いつものようにスーパーめぐりだけになるかな〜。
posted by よぎょ at 21:32| 大阪 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

再開タキソール2クール目の1回目でした。

  今日はウィークリーパクリタキセル再開2クール目の1回目でした。
早起きして出掛けました。

  採血は失敗されたけど、すぐ上手い人に交代してくれて助かりました。タキソールが身体に入ると食事が不味くなるので、食堂へ行ってモーニング食べてからケモ室へ。

 ここのナースさん、春まで私が前に通っていた大学病院に勤めていたんだそうで、いろんな話をしました。で、同じタキソール点滴でも違う、前の病院ではアレルギー止めの飲み薬もあったし、アレルギーや吐き気止めの点滴と、生理食塩水と、タキソールと、最後に生理食塩水を流して終わったけれど、ここは二つだけですねって聞いてみました。

 最後に生理食塩水を流すのは教科書どおりなんですって。ま、省略してもどうって事ないってわけなんでしょうねえ。

 ボトルに「ぶどう糖」って書いてあって「タキソール」表示がない、って前回書きましたが、今回はボトルにシールが張ってあって、そこに内容が記載されていました。

 「ガスター、ポララミン、生理食塩水、デキサート、グラニセトロン」これが最初のボトル。次のが「タキソール、ぶどう糖」でした。

 先週ボトルにシールが張っていなくてぶどう糖とだけ書いてあったので、タキソール入ってるのかなあ?髪が生えてきて抜けないし…と言うと、そういう人いますね、髪が生えてきたって人、って。そんな人いるのね〜。今私頭かなり黒くなってきて、なかなかカッコイイです^^。

 今日はロキソニンをもらいました。まだあるんだけどね、最近飲んでないし。でもたくさんあると安心だもん。数が少なくなってくると不安。

 でね、カレンダーどおりに行くと、2クール目終わって3クール目の1回目が大晦日にあたるんですよ。この1回を大事にしたいなら、外来は休みだけれど、2泊3日の入院なら対処できる、どうしますか?って主治医に言われました。

 前にも同じようにそのクールの1回目が祝日に当たったことがあって、1回くらい抜けても全然なんともないってそのときの主治医に言われたって話すと、それは違います、エビデンスというのはきちんと予定通りの投薬を受けた人のデータだから、1回抜けたらどうなるかのデータはない、とのこと。まあそうやろけど。でも、長期的にみて大きなちがいがあるかというと、そうも思えない、とのこと。ふーん。

 実は今2週間空いてしまうというのはとても怖いんですよね。空けたくないです。今まだ安定してない気がするから。でも大晦日やお元旦に入院というのはやっぱりイヤだ。これがさいごのお正月の可能性だってかなり高いのだし。だから、1回飛ばすことにしました。

。・。・。・。・。・。・。・。・

 明日は近所の病院に栄養の点滴を受けに行きまーす。
posted by よぎょ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

栄養点滴2回目行って来ました。

  今日は近所の病院に栄養の点滴を受けに行って来ました。

  点滴室はベッドがずらりと並び、カーテンで仕切られています。お隣のベッド入ったのは若いお兄ちゃん。ナースさんやドクターとの会話がまる聞こえなんですが、とても健康そうなのに、食事がとれてないらしい。

  病人に見えなかったよなー。そういえば私だって病人には見えないよね。でも…。入院中、主治医に言われました。数年間会っていなかった知り合いに出会ったら、明らかに病気だと分かると。そうなのかな。

  今年亡くなった乳がんの友達は、やっぱり病人の痩せ方でした。私もかな?35キロというのはそういう体重なのかな?

  前回は宮部みゆきの「楽園」の上巻を持参してました。あおむけに横になって読むのは重くて大変でした^^;。で、今日は文庫本にしました。途中で寝ちゃいましたけどね。

。・。・。・。・。・。・。・。・

 夜、NHKスペシャル「さまよえるがん患者」を見ました。

  多くの患者の声に押され、2年前、「がん対策基本法」が成立した。しかし法律はできたものの、医療体制の整備は進まず、多くのがん患者はいまだ不安と苦しみの中で闘病生活を続けている。
法律では、早期発見から治療・療養・看取りまで、地域の病院や開業医などが連携し、「切れ目のない医療」を築くことが謳われた。ところが「切れ目のない医療」とは名ばかり。国が進める医療費削減政策の中、手術を終えた患者は早く退院するように迫られる。しかし地域で引き受けてくれる医者が見つからず、行き場をなくし途方に暮れる…。そんな例が続出している。(NHKホームページより)

 「昔は一つの病院にかかれば死ぬまでそこで診て貰えた。今は違う」と語る老婦人の患者。いくつもの病院に「もう治療法はない」と言われ、自分で探した治療してくれる遠くの病院に1時間半の道のりを車を運転して通っている男性患者。自分でそれだけの距離を運転できる力がある状態で、もう治療法がないと言われる現実…。 

 効果が上がらないとなるとさっさと治療を打ち切られてしまう。効果のない治療を続けるのは医療費の無駄、というのが国の考え方。それは患者の希望を奪ってしまうことだと思う。みんな治療を受けたいんだよね…。

 なんか身につまされすぎて。見ていて涙が出てきてしまいました…。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 体調はまあまあです。食事もまあまあ取れています。体重は35キロちょっとに回復しました。痛みが少ない日は(そしてお通じが充分にある日は)幸せです。

posted by よぎょ at 23:58| 大阪 | Comment(26) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

お泊まりに来ています。

昨日お腹が痛かったので、心配でした。でも今朝目覚めた時、痛みは来ませんでした。

予定通り今日はお出かけ出来ました♪

私とあおぞらさんとの共通の友達に誘われて、その京都の親戚のおうちに、あおぞらさん共々、急きょ泊まりに来ています。

今日は昼過ぎ出発して、バーミヤンで夕食食べて、あとは寝るだけです。夕食に餃子食べたら油が強かったのか、ちょっと胃が変になったけど、でも元気です。

明日は大混雑の紅葉の京都へ繰り出します。体調が不安なので、無理しない程度に楽しんで来ますね。
posted by よぎょ at 22:20| 大阪 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

栄養の点滴始めました。

 今日は昨日と一転、お腹が痛いです。

 なんでなんでしょうね?昨日はほとんど痛みがなかったのに、今日は朝目覚めた時から軽い痛みがあり、昼過ぎからずーっと痛んでいます。また腸がつまりかかってるのかな?と思ってお昼は抜いたのですが、お通じはあるし…。で、さっきちょこっとだけ食べました。

 先日ようやく主治医のいる病院から依頼していた紹介状が届きました。で、今日近所の大き目の病院に栄養の点滴をしてもらいに行って来ました。受け入れてくれるかな?

 ここは綺麗な病院なんですが、かかるのは初めてです。初診受付してもらって外科へ。わりとすぐに呼ばれました。

 ちょっと若めのDrかな?「どうですか」で始まり、病気の内容は聞いておられるんですね、など、「はい、そのつもりです」。

 で、当院は他院で治療を受けている患者の受け入れはしない。急に具合が悪くなって救急車で乗り付けてこられても対処できない。栄養の点滴も週に3回以上となると入院した方がよい(今かかっている病院に)、とのこと。とにかく受け入れたくなさそうなんです。

 治療はかかっている病院ですべて受ける、緊急時もその病院で対応してもらえることになっている、こちらではただ栄養の点滴だけ受けたい、と話しました。

 最初に近所の開業医に行って、ここだと他の患者から風邪をうつされれる恐れがあるので、大きい病院に行った方がいいとアドバイスされたと話すと「それは違います、こういう病院の方がいろんな病気の方が来られますから」だって。でも、外科だったらうつる病気の人は少ないんじゃないのかなあ?小さいクリニックの狭い待合室に風邪引きの子供がてんこ盛り、というのとは違うと思うんだけどなあ。

 こういう風に患者が「お願いします、どうかこちらでお世話にならせてください」、病院が「しょうがないですねえ」となるのは一見患者が弱くて病院が強いみたいだけど、実態は患者が変に強くなって、すぐ訴えたりなんかするって事もあるのかなと思います。今日のDrも、「最初にきちんと確認しておきたいから。言った言わないになるから」って言ってはりました。でもこういう患者と病院の関係って、不幸な気がするな〜。

 どこへ行ってもがん患者ってのは儲からないらしく、台所事情が苦しい病院には歓迎されないのかな。それは病院のせいではなく、国の制度のせいなのだと思うのだけど(詳しく知らないのでつっこまないで〜)。とにかく「どうぞどうぞよくいらしてくださいました。今後ともどうぞ当院をご利用よろしくお願い致します〜」とはならないのねえ。

 でも点滴は請けられることになりました。これから週に2回通います。点滴室でベッドに横になり、ツインパル(メーカーは味の素なのね〜)を1時間半に渡って受けました〜。

。・。・。・。・。・。・。・。・

 お腹が痛いよ〜。明日お出かけなのに〜。困ったなあ。
posted by よぎょ at 19:17| 大阪 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

腹痛がひどいので病院へ行きました。

 今日は朝から強い腹痛がありました。

 ロキソニン飲んでもほとんど効きません。このところ一応便通はあるものの量も回数も減っていて、吐き気があるし、お腹がぐるぐるいってます。これはまずい、イレウスなりかけかも!

 でも痛くて苦しくて、とても電車乗り継いで遠い病院まで出掛ける力がありません。なんとか少しでも痛みが和らげば…。昼頃、まとまった便通があり、楽になりました。

 その後数回お通じがあり、もう大丈夫かなと思ったけど、念のため病院に電話しました。ちゃんと名前を聞いてくれ、外科につないでくれ、症状を聞いてくれました。当たり前の対応かなとも思うけど、このところ病院との電話のやりとりでは嫌な思いをすることが多かったので、これだけでもうれしかったです。

 心配なら来てくださいとのことだったので、しんどかったけど行ってきました。痛みはほとんど治まっていましたが、やはり力がなくて。

 今日の外来は主治医ではなく、優しそうなDrで、外来がすいていたこともあり、ゆっくり話ができました。

 とにかく便が出たので一安心。危急を要する事態ではない。消化のよいものをよくかんでゆっくり食べましょうとのこと。ほっとしました。

 今度こんなことがあったら、へんだと思ったら絶食し、それでも直らなければ病院へ、ですって。

 遠くから大変だったねと言ってくれたので、本当に痛いときは車の運転手がいないので家から出られずにどうしようかと思ったと話すと、そういう時は「ここの病院にかかっているから」と言って、救急車で来ればいいと言われました。うーん…。でもそれってなかなか勇気がいりますよね…。

 今日は薬ももらわず、会計は210円。でもDrと話をして安心しました。大学病院だと予約なしの診療って難しいから、こういうところは今の病院がありがたいなあと思いました。

 実は念のため、一泊できるだけのミニ入院セットを持って行ったのだけど、不要でよかったです。

 今日は本当に疲れたので、ゆっくりお風呂であたたまって、早めに寝たいと思います。
posted by よぎょ at 21:34| 大阪 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

入院18日目。退院しました。

 18日間の入院から本日退院してきました。入院中はたくさんの応援メッセージありがとうございました。とってもとっても励まされました。

 ここ2日ほど腹痛が少なくて楽だったのですが、昨日はちょっと調子が悪く、いつものように寝る前にロキソニンを飲もうかと思いましたが、タキソール点滴の眠気が強く、そのまま寝ました。

 よく眠れたので早く目覚め、残りの荷物をまとめ、朝ごはん後、準備万端にして退院の時を待ちました。会計伝票が来て精算を済ませて迎えの弟が到着し、無事帰宅しました。

 やっぱり家の座椅子のすわり心地のいいこと。窓辺の陽ざしのあたたかいこと。散らかった部屋の居心地のいいこと。

 お昼ごはんには母が栗ごはんをたいていてくれました。栗ご飯茶碗に半杯と卵焼き一切れ、味噌汁おわんに半分、ほうれん草のおひたし少し。たくさん食べられました。

 荷解きも明日以降にして、仮眠。やっぱりやっぱり自分のベッドはいいよ〜。病院のベッドとは全然違う!!なんでこんなに違うんだろう。

 すっかり気分がよくなって、PCで遊んだり、3時ごろまた栗ご飯を食べたりしていたらお腹が痛くなってきた…。ロキソニン飲むかな…と思いながらベッドにもぐりこむとしばらくして軽快してきました。やっぱり無理はいかんですね^^;。

 今回の入院は本当にいろんなことがありました。悔し涙も流しました。厳しいこともびしばし言われてきました。でも、でも。この入院は無駄じゃなかった。入院したら魔法のように痛みが消え、ご飯がたくさん食べられるようになり、元気になると思っていました。でももちろんそんなことはなく、痛みは痛み止めで対処するしかなく、ご飯もたくさん食べられるようになりませんでした。でも、入院前より体調は上向きです。

 まだまだがんばりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。無理はしないで、できる範囲で、日々を楽しく過ごしたいと思います。
posted by よぎょ at 19:31| 大阪 ☀| Comment(28) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

再開パクリタキセル2回目そして…。

入院17日めです。


ここ数日好調でしたが、今日は不調。お腹痛いです。昨日までみたいに、痛みが少ないと気持ちも明るくなり、美味しくないご飯も頑張って食べようって気になります。


今日は再開パクリタキセル1クールの2回目。そしてそして…ジャーン!明朝退院致します〜。わ〜パチパチパチ。


実は数日前に決まってたんですけどね。今日発表しちゃいました。

パクリタキセルとなると通院で大丈夫だし、そうなると点滴のためだけに入院しなくても…ってことで。良くなって退院ではなく、これ以上入院していてもたいして意味がないってことでの退院です。

でもまあとにかく家に帰ります。やっと自分の寝床で寝られます。ここにいると腰が痛くって。


昨日だいたい荷物もまとめました。荷物増えとる!でも弟に車で迎えに来てもらうので安心。

パクリタキセルも、白血球が減ってたけど、好中球が足りていたそうで、無事治療受けられました。今日もベッドまで点滴薬を運んでもらって楽ちんでした。寝てる間に終わりました。


家に帰ったら…やりたいこともいろいろありますが、まずは休養、ということで、しばらくは様子を見ようと思います。
posted by よぎょ at 21:47| 大阪 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

入院16日めです。

昨日今日と腹痛があまりなくてとても楽です。ずっとシーンとしていたお腹がちょっとゴロゴロ動き出して、いいのか悪いのか。

退院後の生活に身体を慣らすため、今日は点滴無しです。楽なのはいいけど不安なので、ご飯も頑張って多目に食べてます。でも無理すると気持ち悪くなるんですよね…。


明日は2回目のパクリタキセル。気合いだけ入れています。


パクリタキセルが効いたらご飯食べられるようになるかなあ。今日お風呂の時に体重はかったら、ついに35キロを切り、34.9キロになってしまいました。退院して毎日の点滴もなくなって大丈夫だろうか…。


パクリタキセルを信じて明日はケモの日です。
posted by よぎょ at 21:43| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

入院15日めです。

昨日までの大変痛い手首からの点滴が落ちなくなったので、刺し直してもらいました。今度は痛くなくてハッピーでした。


点滴が早めに終了したので、近くの郵便局へ散歩がてら行って来ました。外へ出るのもちょっと久しぶりかな。

晩秋って感じですね。晴れていてもイメージはグレー。オシャレなコートの女の子に見とれたりして。病院の中にいると、時間が止まっているとは言わないけど、時の流れが澱んでる感じ。外は忙しく時間が流れているなあ。

先週はお昼過ぎにテレビつけると小室哲哉の話題ばかり。泰葉は見るに耐えないけど、小室容疑者が、どうやってあれだけの財産をあんな借金に変えたのか、それが不思議で見ていました。


事業に失敗ってことですね。私だったら一生で使いきれないお金を得たら、その時点でお金を使うことに専念しますが。もっと増やそうもっともっと、と思ってしまってこんななっちゃったのかなあ。

今晩の食事は寄せ鍋。鍋じゃなくてお皿でしたがまずまずでした♪
posted by よぎょ at 19:57| 大阪 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

テレビ見ています。

入院14日めです。


今朝は腰痛がキツくて参りましたが、その後は以前やってた時と同じように、タキソールの副作用の痛みは少なくなりました。


入院するとテレビをよく見ます。家に居ても見ますけど、それはたいていご飯食べながらだったり母としゃべりながらだったり、本や新聞を読みながら、PCをしながらだったりします。でもここではただひたすら2時間くらいテレビ画面を見つめていることがあります。劇場で映画を見るように。


そうしてみると、テレビ番組って結構面白いものですね。どれも一緒だと思っていた数多あるクイズ番組も、それぞれ工夫と独自性があるし、どうでもいいような旅番組も真剣に見ればなかなか見所あるものです。


今日は平成教育委員会を見て勉強になりましたし、どうぶつ奇想天外の盲導犬の引退について見て感動してしまいました。


テレビってバカにしたものでもないのねと思う今日この頃です(くだらないのもあるけどね^^)。
posted by よぎょ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

入院13日めです。

あほなことにゆうべはロキソニン我慢したら酷く寝苦しい夜になりました。眠気はあったので、ちょっと我慢したらすぐ眠れると思ったんですけどね。


食欲は相変わらず皆無。体重も増えません。点滴って千キロカロリーくらいあるのかと思っていたら、210キロカロリーですたったの!


今日は刺し直した点滴が痛くて右手が使えませんでした。病院って嫌なことばかりされるなあってしみじみ感じました。これが自分の治療のためだとわかっているから我慢するけれど、そういうことの分からない犬や猫が動物病院をいやがるのは当たり前やなあなどと変な事を考えました。


今日もタキソールの副作用その他、身体のあちこちが痛みます。腰、お尻の筋肉、お腹、点滴の針の入った腕。1日我慢して今ロキソニン飲みました。これで楽に夜を過ごせるといいな。
posted by よぎょ at 20:43| 大阪 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

母のおにぎり。

入院12日めです。

一昨日のタキソールの副作用が一番強く出る頃です。以前やってた時同様、身体中の節々が痛み、テンションだだ下がり。


そんな時弟がやって来ました。前にも胃の術後のしんどい時期にやって来て対応に困った事があり、その時は差し入れの漫画をあてがい、私はひたすら寝たふりしてました^^;。今回はDS渡して私はまた寝たふり。タイミングの悪いやっちゃ。


続いて母がやって来たので談話室へ移動し、一時間ほどだらだらしていました。


夕食はコロッケ。ちょっと楽しみにしていたのに、やっぱり味なし…。今日は朝から全く食欲が無いんです。間食はしたんですが^^;。


今日は母にリクエストして小さいおにぎりを作って持って来てもらいました。おにぎりなら食べやすいかなと思って。やはりこれは喉を通りました。オマケについていた卵焼き二切れ、美味しかった。ちょうど今夜のメニューにだし巻き玉子ついてたけど、やはり食べ慣れた母の味つけが食べやすかったです。


夜はエドはるみ物語を見て、今夜も消灯となりました。
posted by よぎょ at 22:10| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

昨日からタキソール再開してます。

入院11日めです。

昨日の検査は前回同じ注腸透視検査を受けた時に比べれば全然楽勝でした。前回は前処置の下剤で吐いて下してふらふらになって片道2時間近い道のりを病院に向かい、あげく腸に転移が見つかったんですから。

昨日午後からさっそくタキソール始めました。治療方針決めた翌日即スタートです。ここは救急病院でもあり、このフットワークの軽さは、なんでもずっと先の予約の必要な大学病院にはない良さだなあと思います。まあ大学病院と比べれば、細かいいろんなところで行き届いていないんだけど^^;。しゃーないね。長所短所があるんだね。

一昨日気づいたんですが、髪が生えて来てます。可愛くふわふわに。一月半で生えてくるのね。眉は濃くなったし。これを喜べたらいいのにな。身体から薬が抜けきっちゃったのが恐ろしいし、昨日からタキソール再開なので、どうせまた抜けるのよ。脱毛処理が面倒だわ。


ゆうべここんとこ一番の腹痛が来て、ロキソニン飲もうとしたけど見つからず、泣きそうになりました。落ち着いて探したら出てきたけど。薬が効き出すまできつかった…。

とまあそんなこんなで今日もあと1時間ちょっとで消灯です。
posted by よぎょ at 20:55| 大阪 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

腸の検査を受けました。

入院10日めです。

午前中下部消化管撮影検査。レントゲンですね。朝ごはんは抜き。前処理は浣腸のみ。毎日10回以上液状のお通じあるのでそれで充分。

固い台の上に横になって、技師さんはビニールのエプロンとゴム手袋着けてて、本当にまな板の上の鯉と魚屋さん^^。

途中「もう無理!」ってくらい薬だか空気だか入れられて、とうとう管が外れてしまいました。

後半そのまま強引に写真撮ったけど、写ってんのかいな。

この前と違って出切ってたから薬だけだったけど、下半身ビシャビシャ。ペーパータオルで拭いてもらいましたがベタつくのね。今日はお風呂入れないのにな。

ネット上や職場やその他友人知人からお見舞いのメールやお手紙や品を頂いてますが、お礼のお返事もなかなか出来ないでいます。心身共に余裕がありませんで、不義理しています。申し訳ございません。
posted by よぎょ at 20:51| 大阪 | Comment(10) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。